会社概要

経営方針

経営方針

樹脂のプロフェッショナル アテックのパーツは未来を創る

わたくしたちアテック京都株式会社は、高精度で高品位な製品をお届けするため、常に創意工夫を怠らず、丁寧に仕上げていくプラスチック製品製造メーカーです。

自らの業務を通し、世の中が必要とする良品を提供し、技術の向上を努めることにより、品質マネジメントシステムの有効性の継続的改善を図り、「生き甲斐」「やり甲斐」を充実させ、人格を高め、自分自身のより良い生活を確保し、喜びを共に更に前進します。

代表挨拶

創業社長 桑原五郎の思いである、「お客様のお困りごとにお応えする。」という企業スタイルは、今も変わらず引き継いでおります。
私が社長へ就任して10年の月日が過ぎました。
モノづくりの素晴らしさを体験し、学び、共有し、そして伝える企業としても創業25年の節目を迎えることができました。今後は、さらに50年の節目へ向け、人財の育成に力を注いでおり、社内外の様々な研修などにも、積極的に社員の皆さんに参加していただいており、そこから多くのものをつかみ取り、社員皆さんの大きな飛躍のきっかけ作りになればと思っております。
社員全員が、お客様により一層の付加価値と満足をお届けできるための創意工夫ができるそんな企業を社員の皆さんと作り上げることを目指しております。

そして、社員の皆さんが、ご自身のお子様、お孫様にも、この会社で仕事に就かせたい、この会社と一緒に成長させたいと思っていただける、そんな企業にしていきたいと思っております。

代表取締役 草木敏之
代表挨拶
代表取締役 草木敏之

会社概要

社名 アテック京都株式会社
代表者 草木 敏之
所在地 京都府宇治市槇島町十八52-2
電話 0774-20-9551
FAX 0774-20-9556
資本金 10,000,000円
社員数 25名
営業品目 樹脂部品の精密加工、組み立て(接着・溶接)、取付工事、樹脂素材・樹脂製品の販売
取引銀行 京都銀行、京都中央信用金庫
沿革 1993年(平成5年)8月京都府宇治市に有限会社アテック京都を創立
1998年(平成10年)6月立型マシニングセンタ新設
2000年(平成12年)10月本社・工場移転・アテック京都を設立、CNC制御旋盤増設
2002年(平成14年)12月ISO9001を認証取得
2006年(平成18年)11月NCルーター増設
2010年(平成22年)3月KES・環境マネジメントシステム・スタンダード認証取得
2011年(平成23年)7月画像寸法測定機導入
2012年(平成24年)6月立型マシニングセンタ増設
2013年(平成25年)6月CNC旋盤増設
2015年(平成27年)2月CNC三次元測定機導入
11月新社屋竣工、本社・工場を現住所へ移転
12月立型マシニングセンタ増設
2017年(平成29年)8月CNC旋盤増設
主要取引先 株式会社イシダ / 株式会社ジーエス・ユアサコーポレーション / 株式会社島津製作所
株式会社スクリーンホールディングス / 日新電機株式会社 / 等
主要仕入先 クオドラントポリペンコジャパン株式会社 / 住友化学株式会社 / 住友ベークライト株式会社
積水化学工業株式会社 / タキロンシーアイ株式会社 / 日本バルカー工業 / 等
協力工場 約15社

環境・品質方針

環境への取り組み

KES
KESステップ2取得(KES2-1086)

KESとは、Kyoto Environmental Management System Standard(京都環境マネジメントシステム・スタンダード)の略号であり、京都議定書の発祥地、京都から発信された「環境マネジメントシステム」の規格です。KESでは、環境マネジメントシステムの国際規格である ISO14001の基本コンセプトを活かしつつ、シンプルなシステムを構築し、低コスト化を図っています。

品質への取り組み

ISO JAB
品質保証規格認証取得
(ISO-9001 / JIS Q9001)

2002年12月20日にISO(国際標準化機構)が定めた、国際的な品質保証規格「ISO9001」を認証取得致しました。ISO9001は、製品の設計・開発・製造・検査・補完・引渡等、各工程の品質管理システムを顧客の立場に立って評価するもので、EU諸国を中心に世界120カ国で国家規格として採用されています。これによりアテック京都の品質保証体制が、国際レベルであることが認められました。